カーポート

住宅の基礎工事をメインに行う勝美建設ならではの技術で施工します

なぜ基礎屋さんがカーポート?

基礎工事の施工で培ってきた土木工事の知識(地域の地盤傾向と地体力などの知識と経験)と、コンクリートの性質と養生の方法などを、カーポート工事の土工事・コンクリート工事に活かすことができるからです。

基礎工事+埋め戻し工事の場合

基礎工事には必ず、型枠工事、コンクリート工事が終わった後の埋め戻し工事が発生します。埋め戻し工事時にカーポートの配置が決まっている場合、砂利の置き換え工事(※)と施工が同時に行えるメリットもあります。

  • 砂利置き換え工事
    土を60cm掘削して50cmの厚みで砂利を入れる工事です。

カーポート+コンクリート舗装工事の場合

基礎工事で培った土木工事やコンクリート工事の性質や知識を活かして安心安全な施工を行います。


だから『基礎屋さんのカーポート』なのです!

『基礎屋さんのカーポート』の施工の流れ

勝美建設では、コンクリートによる舗装を推奨しています。

アスファルトとコンクリートの特徴

勝美建設では、舗装をアスファルト、コンクリートどちらも選択できます。基本的にはコンクリートを推奨しています。

アスファルトとコンクリートは、一見同じような印象がありますが、原料や特徴に違いがあります。

アスファルトは、天然のものもありますが、ガソリンや軽油などの燃料を作った時に最後まで残った残留物でできているものがほとんどです。アスファルトは炭化水素を主成分としているため、熱を加えると溶解する性質を持っています。

コンクリートは、セメントに砂や水を調合し、混ぜて固めたものです。コンクリートは非常に強固です。圧縮に強いコンクリートと張力に強い鉄筋の特徴と組み合わせて駐車場に多く使用されています。長期的にみると補修の必要がないので、コストの面でコンクリート舗装の方が安くなることがあります。

アスファルトとコンクリートのメリット・デメリット

アスファルトコンクリート
メリット排水性、透水性を調整できる
アスファルトは水の流れを調整しやすいように作ることができるため、排水性、透水性を高めるように舗装することができます。
耐久性が高い
コンクリートは硬くて丈夫なので、50年以上使用されているものもあります。数年おきに工事をする必要がなく、補修する頻度が低く済みます。

耐熱性がある
アスファルトよりも耐熱性があるので、夏の暑い時期でも気温が上がるのを押さえます。ヒートアイランド現象を抑制することも期待できるでしょう。
デメリット耐久性が低い
アスファルトは耐久性が低いため、わだちができやすく、ひび割れやポットホールも生じやすいため、数年おきに補修工事をする必要があります。


耐熱性が低い
油は熱に溶けやすいので耐熱性が低く、日に当たると柔らかくなり、車のタイヤの跡がつきやすくなってしまいます。また、暑い時期には高温になりやすく「ヒートアイランド現象」を促進させてしまいます。
少し単価が高い
コンクリート舗装はアスファルト舗装と違い、施工の手間がかかります。そのため、多少単価が高くなってしまいます。
カーポートアスファルト舗装工事(36㎡)
345,000円
カーポートコンクリート舗装工事(36㎡)
371,000円

※対象地区:帯広、芽室、札内、音更の市街地

費用の面ではアスファルトの方が安いですが、コンクリートと大差はありません。
メンテナンスコストを考えるとトータル費用は安く済む場合がほとんどです。
また、耐久面を考慮すると、コンクリートの方が安心だと勝美建設は考えます。

オリジナル商品「ジーポートneo」

ジーポートneo施工料金
478,000円
  • 対象地区:帯広、芽室、札内、音更の市街地
  • 基本セット2台用
  • 高さ2458mm、幅5511mm~
  • オプションで1~3台用まで対応可能です。
  • 雪や風に強く、錆びにくいアルミ製
  • 耐久性の高い土間コンクリート舗装
  • 耐風圧・耐震性能にも優れています
  • 100cmの積雪にも耐える、強靭な折板屋根
  • 柱のスポットライトが標準装備
  • 人工芝がアクセント&クラック防止に

施工事例

帯広市 S様邸
既存住宅の玄関屋根と新設カーポートの寸法を測って設置。雨の日でも濡れることなく車から住宅に入れるよう配慮しました。同時に、カーポートの両サイドも除雪しやすいようコンクリートを施工しました。
幕別町 H様邸
舗道とカーポートとの間に段差があったため、スムーズに入れるように勾配をつけて設置しました。柱ごとに4か所あるスポットライトは、ソーラー充電式で自動点灯。駐車もしやすく、防犯対策にもなります。

【オプション】ステンシルコンクリート

お家の雰囲気に合わせて、レンガやタイル風に、お好みの色・パターンで仕上げるオプションにも対応しています。

既存のコンクリートを撤去することなく、その表面に塗り込みやスプレーで施工できますので、リフォームでもOKです。

パターン

P-1 ヘリングボーン
P-2 ランニングボンド
P-3 ラージタイル
P-4 スモールタイル
P-5 ブッシュロック
P-6 コンビクトブリック
P-7 ロンドンコブル
P-8 アシュラースレート

カラー

色見本ですので実際とは異なります。ご了承ください。
C-1 ライトグレーはワンパックのみの設定です。

C-1 ライトグレー
C-2 フレンチグレイ
C-3 ライトストーン
C-4 マスタード
C-5 ライトテラコッタ
C-6 チョコレート
C-7 チャコール
C-8 ダークレッド
C-9 イエロー
C-10 オフホワイト

ステンシルコンクリート施工の流れ